google-site-verification: google2db7ca53db6adf68.html
top of page

腰痛知らずで人生を楽しめるカラダ作り
恵比寿トレーニング&ピラティスTWO-WAY

体調が激変した!疲れを溜めない自律神経の整え方と休み方

『疲れを溜めない自律神経の整え方と休み方』について、wacca池袋様にて社員様向けのライフパフォーマンス向上のための健康セミナーを開催させて頂きました



健康セミナー



<著者プロフィール>


恵比寿パーソナルピラティス


スポーツ選手は、練習やトレーニングを行う一方で、リカバリーと言って”休む”という概念を持っています


トレーニングと同じくらいリカバリーを大事にしている選手も多くいます



ですが、


一般人の私たちにとって”リカバリー”、”休む”という概念はあまり馴染みがないと思いますし、休み方について習ったという方は少ないのではないでしょうか



私自身、トレーナー時代は


自分の休みはいらない、


自律神経なんて自分には関係ない、


気合いと根性で突き進んでいましたが、やはり限界を迎えます


体調が悪くなっていた時期があって、自律神経の重要性や休み方の大切さを実感した事がありました



そのような経験があり、自律神経や健康について学び、実践してきました



自律神経や最適な休み方を実践していく事で、体調も思考も良くなっていき、改めて重要性を実感しました




忙しい現代社会で80%の人が慢性疲労に陥っていると言われています



疲れが取れない休日の過ごし方


人はストレスが加わると、体に症状として現れますが、


そのストレスや体の症状は気付きにくかったりします


ストレスと体に現れる症状


従来、自律神経のモードは2つと言われてきましたが、近年では自律神経は3つのモードに分かれている言われています



自分の自律神経のモードがどの状態に入りやすいのか、どの状態なのかを知って、


自分の状態にフィットしたコーピング(対処法)が必要になります



また、ストレス下や困難な状況になった時に乗り切る力(レジリエンス)を高めることも非常に大切です


レジリエンスを高めるための6つの方法についてお話しさせて頂きました


メンタル


社員の皆様の健康をサポートできたら幸いです



TWO-WAYでは、マシンピラティスやトレーニングだけではなく、自律神経、食、睡眠などの幅広い視点から最適な方法をご提案します



✅恵比寿、広尾、代官山で理学療法士のパーソナルのマシンピラティス、トレーニング、リハビリで腰痛、姿勢改善するならTWO-WAYへ


✅『恵比寿twoway』で検索!!


恵比寿ピラティス

Comentários


bottom of page